ユーカリのリース
偶数月の第三日曜日に開催される“畑のマルシェ”。色んな分野のたくさんの作り手さんが参加されるこのイベントに、私も flower epoque として参加させていただいています。
普段仕事をしている私は、この畑のマルシェがお花の活動のベース。2か月に1回というこのゆるいペースも何かにつけてやることの遅い私にはちょうど良かったりします。

定番のユーカリのリースを色々。合わせるバラの種類も色々で少しずつ雰囲気が違います。


他にも鉢物グリーン色々出品します。基本我が家の植物の子孫を愛情と時間をかけて育ててから出品するので、元気でお手頃プライスです。
今月は4月20日(日)に開催です。素敵な音楽で盛り上げていただいている papa'sさんの music live も12時半からあります。本当に素敵で私も楽しみです!!お時間のある方はぜひ覗いてみてください。
| お花のこと | comments(0) |

季節のリースの会 <春>*flower epoque × tetote
私がヨガに通わせていただいている tetote 。美意識の高いヨシミ先生の洗練されたこの空間にて昨年開催させていただいたと季節を巡り、再び季節のリースの会 <春>。
いつものことながら、ヨシミ先生の感性でサンプルリースを素敵に撮影していただきました。そして、文章も。
私の想いを的確に、より素敵に表現していただいています。私のリースや私自身をヨシミ先生のフィルターを通すとこういうカタチになるのだなと、毎回私自身に嬉しい発見があります。ヨシミ先生、いつもありがとう。

flower epoque × tetote
季節のリースの会 <春> |ご案内|



4月の終わり。
新しい季節にも慣れ、
ゴールデンウィークが待ち遠しいころ。
ゴールデンウィークにはご実家で、
お母さんと過ごされるという方も、
いらっしゃるのではないかと思います。

そこで、今回の季節のリースの会 <春>では、
お母さんのためのリースを企画してみました。

"お母さんにお花を贈ろう"

そう、5月11日は母の日です。

お母さんへ感謝の気持ちを伝える日。
...とはいっても、
なかなかことばで伝えるのは照れくさいもの。

お母さんを想って仕立てたリースを、
贈ってみてはいかがでしょうか。
きっと、特別な贈り物になると思います。

もちろん、ご自身がお母さんである方は、
ご自分のためにというのも素敵です。

| 日時 | 4/28(月) 10:00-12:00

| 料金 | 3000円(お茶・おやつ付き)

| 定員 | 6名


•材料は全てご用意いたします。
もちものは特にありませんが、汚れてもいい服装でお越しください。

•スペースの関係上、定員を設けております。
ご予約のうえ、お越しください。
ご予約は4/21(月)までにお願いします。

•お子さまをお連れいただいてもOKです。

•お問い合わせ、ご予約は、contactから、お気軽にどうぞ。



母の日らしく、カーネーションをポイントに置き、
「素敵になって」の花言葉をもつ初雪カズラや、
実ものを合わせていきます。

どこか懐かしさを感じる色合いや、
そのやさしい佇まいは、
「お母さん」のイメージにぴったりです。

今回使うドライのカーネーションは、
お花屋さんがにわかに忙しくなる、
この時期より随分と前から、
カヨコさんがドライにして、準備してくれたもの。

お花がドライになっていく時間、
そして、リースを仕立てていく時間。
その時間の中に、お母さんへの想いを込めて...

完成したリースはラッピングをして
お持ち帰りいただきます。

| 講師紹介 |

  flower epoque ムラカミカヨコ

  そこに自然のものがあることで心和むようにとの想いを込めて、
  自然素材での季節のナチュラルリースを制作しています。
  主張はしないけれど、そのお部屋や空間をより輝かせる、
  そんなチカラが自然のものには備わっている気がするのです。

  日常を忘れ、花、植物、そして、ご自身と向き合う。
  花や植物と寄り添って過ごすことで、
  そのチカラをを実感していただけると思います。
  
  カタチにとらわれるのではなく、  
  ひとつひとつの花の、ひとつひとつの植物の、
  一番ふさわしい場所を探して挿していきます。

  花や植物と戯れる幸せな時間を、
  一緒に過ごしていただけたらと思っています。
| お花のこと | comments(0) |

コサージュ
卒業・入学シーズンのこの春、コサージュのご注文をいただきました。
2月の畑のマルシェに出品したコサージュは、お客様ご自身が色々なコサージュ作品の中から気に入ったものをお買い上げいただきました。
ですが、オーダーでご注文をいただく場合は、合わせるスーツの色だったり、最低限の情報を元にお任せで作らせていただくので、気に入っていただけるかドキドキです。

クリーム色のスーツに合わせられるとのこと。気に入っていただけますように。


娘さんの好きなラピスラズリの色をご希望で、綺麗なブルーのリボンを生かして。


家族のハレの行事に彩りを添えるコサージュ。間接的にでも家族の幸せに関わらせていただけることは、やっぱりお花のチカラで私自身とても嬉しいことです。私にとってのお花はいつも幸せの匂いを運んできてくれます。ありがとう。
| お花のこと | comments(2) |

送別の花束
職場で長くご一緒していただいた方の送別に、感謝を込めて花束作りました。

いくつになっても優しい可愛い雰囲気のその方をイメージして。


あっという間の8年間。
人と人には相性があると思うのですが、きっととても相性の良かったパートナー。
11歳も年が違うのにそういう年の差を感じさせない気さくな方で、愛情があってユーモアがあって、穏やかでおおらか。
素敵な方と長くご一緒させていただけて、良い影響をたくさんいただけたなと、ほんと感謝です。
同じ立場の職種ということもあり、対等になんでも話せて色んな気持ちや感情を共有していただきましたが、11年分人生の先輩。他愛もない会話から色んな事を学ばせていただきました。
最終日、職場のたくさんの方から愛されている事実にまた感激。
魅力的な人生の先輩が身近から離れてしまうけれど、そんな素敵な人になりたいなと、私も人間力を上げていきたいなと、改めて心しました。
長い間ありがとうございました。お疲れ様でした。感謝を込めて。
| お花のこと | comments(0) |

ドライフラワーのリース
初雪カズラのグリーンから白のグラデーションの葉が美しい、ナチュラルなリースです。

箱に入って、発送準備待ち。


各分野の作家さんの手仕事の品々を一冊に詰め込んだギフトカタログを制作販売されているシロツメ社さん。素敵なご縁に恵まれ、このギフトカタログ「贈りもの帖」にflower epoqueとして参加させていただいています。

素敵な作家さん達のたくさんの作品の中からflower epoqueのリースをオーダーしていただいただきました。
東京のシロツメ社さん経由でお届けです。気に入っていただけますように。
| お花のこと | comments(0) |

パン
元々食べることが大好きなのですが、パン、好物です。
小麦はお米に比べて体を冷やすというので、冷え性の私はお米を食べるべきなのですが、頭ではわかっているのですが、パンが好きなのです。
ほぼ毎日、パンを食べない日はないかな、、、特に小麦の味が強く感じられるハード系のパンが好きで、サンドイッチにする食パンもお気に入りのパン屋さんのイギリス食パンを冷凍して常備してあります。
が、たまには自分でと思い、久しぶりにパンを焼いてみました。
すごくシンプルなレシピで、バター、砂糖は一切なし。今回はアレンジでナッツとチーズと母特製マーマレードを入れました。焼き立ての外はカリッと中はもっちり、この食感がたまりません。自己満足のディナーです。

焼き立てパンと週末ファーマーの夫収穫のホウレン草、ブロッコリーたっぷりのイタリアン。


この冬たくさん食べた白菜もいよいよ菜花が咲いて、、、摘みたての菜花が綺麗なパスタ。
| 食べること | comments(0) |

カーネーション
カーネーションというお花は、お手頃価格で通年出回っていて、花持ちも良く、使い勝手の良い花材です。
ただ、私の好みが、名前も知らないような可憐な野に咲くようなお花だということもあり、その季節にだけ出回るような季節を色濃く感じるお花が好きで、通年出回るカーネーションは万能過ぎて今まで敬遠してきたような気がします。
でも、食わず嫌いなだけでした。私好みのニュアンスのある色もあり思いのほか可愛い!
ということで、試しにドライにしてみようと思っています。ドライにしたときにどう変化するのか楽しみです。

カーネーション、ワックスフラワー、グニユーカリ。私好みの組み合わせでうっとり。


ドライにする前に蕾のカーネーションを開花調整中。
シンプルにワイングラスに飾るだけでも華やいだ雰囲気に。


| お花のこと | comments(0) |

お雛さま
桃の節句、好きな季節の行事の一つです。
我が家のお雛さまは掌サイズの土雛です。このサイズがなんとも可愛くて。もっともっと増やしたい気持ちを抑えて、もう何年もこの三対が主役です。

普段はリビングの飾り棚の中にいるお雛さまは、この季節は玄関の棚の上でお出迎え。


長く続けている生け花のお稽古のお花は実家の玄関に活け込みに行きます。
そして、その残り花材は我が家でダイナミックに投げ入れになります。

野に咲くような可憐な優しいお花も大好きですが、生け花には欠かせない力強い枝ものも好みです。
| 日々のこと | comments(2) |

冬野菜
寒さの苦手な私には辛い冬。ひたすら暖かくなる日を待ちわびて過ごしていましたが、週末ファーマーの夫の育てる冬野菜は元気に育って、日々我が家の食卓に登場です。この冬も冬野菜の甘くて優しい味わいを堪能させてもらいました。
例年作ってもらうブロッコリーに加えて今年はカリフラワーもたくさん収穫でき、シンプルに茹でただけでも十分に甘くて美味しいですが、クリームシチューやマリネと洋食メニューに大活躍でした。
端境期はともかく、季節のお野菜を収穫してきてもらえる時期は、旬のお野菜がこれでもかというほど食べられるので、スーパーで買うのは、キノコ類、もやし、好物のアボガドくらい。そういえば、根菜類は体の冷えの改善にも良いとのこと。万病の元、冷え性の私ですが、季節のお野菜のおかげかこの冬は風邪も引かず一日も寝込んでいない!小さい頃は病弱気味だった私にとってはスゴイこと。夫の趣味に感謝です。ありがとう。

自家製野菜のカリフラワー、キャベツ、ブロッコリーをたっぷり入れたチキンのトマト煮。


週末恒例の義父を招いての宴会では、自家製大根のトロトロ煮物が好評。
この冬はどれだけの大根をいただいたでしょうか。大根おろしにしてもビックリするくらい甘いのです。
| 食べること | comments(0) |

畑のマルシェ
先日開催された“畑のマルシェ”。本当にありがたいことに実行委員の皆さんの地道な広報活動のおかげで、偶数月の第三日曜日開催ということもだんだん定着してきたようで、ますますたくさんのお客様にお越しいただき、いつものことながら私自身とても楽しい幸せな時間を過ごさせていただきました。寒い中お越しいただいたたくさんのお客様、準備運営と大変な中、愛情たっぷりで周りの人を幸せにする実行委員の皆さん、素敵な作品を生み出す魅力的な作家さんたち、関わっていただいたすべての方と幸せな一日に心から感謝です。

花屋さんに並ぶお花は色も優しい春を思わせるパステルカラーのお花がたくさん出回っています。今回ミニブーケに使ったストックも春の優しい甘い香りを連れてきてくれました。flower epoque のブースにはお花たちのチカラでたくさんのお客様に声を掛けていただきました。特別なものではなくどこのお家の庭にもあるようなグリーンを切り花に添えている様子から、「家でやってみる」と声を掛けていただけたこと、お庭の植物も素朴で十分に可愛いく、植物との時間を楽しんでいただけたら本当に嬉しいです。私が常々感じるお花のチカラや素晴らしさを知っていただける貴重な機会になりました。感謝。

体感的にはまだまだ寒いですが、植物達から春の気配を感じさせてもらいます。


初雪カズラと洋あじさいアナベルに、ヘクソカズラの実を添えた色の綺麗なリース。


アスパラのグリーンに優しいピンクのスプレーバラや実を散りばめた繊細なリース


実付きのユーカリポプラスベリーをベースにシルバーリーフがシックなリース。


初雪カズラと洋あじさいアナベルの掌サイズのナチュラルな雰囲気のリース。


畑のマルシェでは出店者としてだけでなく、お客さんとして他の方のブースを回らせていただくことも楽しみの一つです。主催者さんでもあるperico畑さんの布作品、本当に素敵です。着心地を優先に考えられているという楽ちんお洋服は、見た目もとてもキュートです。そして、今回私が買わせていただいたクッションカバー、これがまた私のツボでした。手織りで作られている布はたくさんの色が混ざり合ってなんとも言えない素敵な雰囲気で、正面から見えない後ろのボタンまでとても可愛く、愛情感じる魅力的な作品です。

多国籍なインテリアの我が家で、ベトナムから連れ帰ったハンドメイドのシルク刺繍のクッションカバーにも馴染んで、国境を越えた手仕事のコラボレーションです。素敵。


| お花のこと | comments(2) |










New Entries
Category
Archives
Recent Comments