パン
元々食べることが大好きなのですが、パン、好物です。
小麦はお米に比べて体を冷やすというので、冷え性の私はお米を食べるべきなのですが、頭ではわかっているのですが、パンが好きなのです。
ほぼ毎日、パンを食べない日はないかな、、、特に小麦の味が強く感じられるハード系のパンが好きで、サンドイッチにする食パンもお気に入りのパン屋さんのイギリス食パンを冷凍して常備してあります。
が、たまには自分でと思い、久しぶりにパンを焼いてみました。
すごくシンプルなレシピで、バター、砂糖は一切なし。今回はアレンジでナッツとチーズと母特製マーマレードを入れました。焼き立ての外はカリッと中はもっちり、この食感がたまりません。自己満足のディナーです。

焼き立てパンと週末ファーマーの夫収穫のホウレン草、ブロッコリーたっぷりのイタリアン。


この冬たくさん食べた白菜もいよいよ菜花が咲いて、、、摘みたての菜花が綺麗なパスタ。
| 食べること | comments(0) |

冬野菜
寒さの苦手な私には辛い冬。ひたすら暖かくなる日を待ちわびて過ごしていましたが、週末ファーマーの夫の育てる冬野菜は元気に育って、日々我が家の食卓に登場です。この冬も冬野菜の甘くて優しい味わいを堪能させてもらいました。
例年作ってもらうブロッコリーに加えて今年はカリフラワーもたくさん収穫でき、シンプルに茹でただけでも十分に甘くて美味しいですが、クリームシチューやマリネと洋食メニューに大活躍でした。
端境期はともかく、季節のお野菜を収穫してきてもらえる時期は、旬のお野菜がこれでもかというほど食べられるので、スーパーで買うのは、キノコ類、もやし、好物のアボガドくらい。そういえば、根菜類は体の冷えの改善にも良いとのこと。万病の元、冷え性の私ですが、季節のお野菜のおかげかこの冬は風邪も引かず一日も寝込んでいない!小さい頃は病弱気味だった私にとってはスゴイこと。夫の趣味に感謝です。ありがとう。

自家製野菜のカリフラワー、キャベツ、ブロッコリーをたっぷり入れたチキンのトマト煮。


週末恒例の義父を招いての宴会では、自家製大根のトロトロ煮物が好評。
この冬はどれだけの大根をいただいたでしょうか。大根おろしにしてもビックリするくらい甘いのです。
| 食べること | comments(0) |

年越しディナー
実家で過ごした大晦日の定番はすき焼きでした。家族それぞれが家の大掃除に取り組み、お正月を迎えるワクワク感に酔いながら、家族みんなですき焼きをいただきました。
が、今年の年越しディナーは、大晦日らしからぬメニューです。パートナーの転勤でロンドンに暮らす姉が年末に一時帰国した際に買ってきてくれた、ヨーロッパ各地のチーズや生ハム、サラミなどが主役です。塩分が高めなのでお野菜が進みます。サラダのお野菜は週末ファーマーの夫に収穫してきてもらった採れたてのサニーレタスに水菜。本場の生ハムも最高だけれど、採れたて野菜のシャキシャキ感もまた最高です。大晦日は慌ただしくキッチンの大掃除にお正月花の生け込みと、あっという間に過ぎていきましたが、義父と実家の家族も揃ってにぎやかにパーティーメニューの年越しディナーです。



自家製野菜とチキンのグリル、採れたてホウレン草のピザ、サーモンとアボガドのマリネ。


我が家のピザは薄焼き生地に自家製トマトソースに採れたて野菜たっぷりで、ペロッと食べられちゃうので繰り返し焼きたてを取り分けていただきます。アボガド以外のお野菜は自家製で、ブロッコリーやカリフラワーも収穫できました。ヨーロッパの食材と地元のお野菜、贅沢なコラボレーションになりました。今年もたくさんの採れたてお野菜をいただき、自然の恵みと夫の趣味に感謝です。ありがとう。
| 食べること | comments(0) |

食欲の秋
最近はもっぱら、花より団子。食欲の秋とはよく言ったもので、食べるものがなんでも美味しく、とにかく食欲、食欲。夏は例年体重が落ちるけれど、冬に備えての体の本能なのか、、、胃がどんどん大きくなって明らかにお腹まわりにお肉が(笑)。
週末恒例の義父を招いての宴会でも、いつにも増して量が多い気がします。これに大判の餃子50個がホットプレートに焼かれました。実家の両親も参加で5人前ですが、一品ずつも多いのです。



大皿料理を取り分けていただくスタイルの我が家ですが、大皿はバリ島のジェンガラ・ケラミックのもの。バリらしい南国特有のお花や植物をモチーフにした食器で、和食・洋食・中華と何にでも合うので、行くたびに少しずつ買い揃えています。食器が素敵だと料理が美味しく見えるということもあって、食べることが大好きな私はやっぱり食器も好きなのです。
| 食べること | comments(2) |

カネロニ、美味!
初めてカネロニ作ってみました。簡単!美味しい!カネロニとは管の意のイタリア語「cannello」に由来するそうですが、パスタの一種で、直径3cmくらいで長さ10cmくらいの大型の筒状のものです。その筒の中に、週末ファーマーの夫収穫のナスとピーマンのみじん切りをたっぷり入れたトマトミートソースを詰めてチーズをかけてオーブンで焼きました。お野菜がたっぷり採れて、食べごたえがあって思った以上に美味しくできました。中に詰めるソースに季節の野菜をたくさん使えるので、季節ごとに野菜を替えて楽しめそうです。



カネロニ1本ずつでもかなりのボリュームです。甘くてクリーミーな旬のカボチャのポタージュも美味。
| 食べること | comments(0) |

ワインとイタリアン
平日は晩酌をしない我が家ですが、金曜日はワインをいただきます。ワインに合うメニューをと思うと、イタリアンが多くなり、トマトの季節はフレッシュトマトのパスタが多いのですが、トマトの収穫時期が終わったので、久しぶりにカルボナーラ。週末ファーマーの夫が収穫してきてくれる茄子とピーマンは、チキンと一緒にグリルへ。我が家では収穫できなかったカボチャもこの時期美味。実家のご近所さんの家庭菜園からです。やっぱり採れたて野菜は絶品です。



リビングでは冬野菜の準備で白菜とブロッコリーの種が芽を出しています!
| 食べること | comments(0) |

獲れたてアマゴ
毎週末畑に出掛ける週末ファーマーの夫が、珍しく川へ魚釣りへ。ということで、週末恒例の義父を招いての宴会では、採れたて野菜ではなく獲れたてアマゴのからあげが並びました。せっかく揚げ物をするなら、、、お土産でいただいて冷凍してあったカレイもからあげに。

他に韓国土産のチョジャンで漬け込んだイカのサラダ、台湾のきしめん形の春雨炒め、焼き餃子。


週末ランチは自家製野菜にて。ゴーヤチャンプルー、トマトの卵とじ、オニオンサラダ、他。


夫収穫の夏野菜ディナーもいよいよ最後。

たくさん食べたトマトもいよいよ最終。フレッシュトマトパスタのズッキーニは結局収穫できず買ったもの、残念。今年も本当にたくさんの夏野菜をいただきました!大量に作ったトマトソースは冷凍庫へ。
病気の愛犬クッキーも採れたてきゅうりとトマトをたくさんたくさん食べて、新鮮野菜の酵素のおかげか獣医さんも驚くような元気さで暑い夏を乗り越えてくれています。感謝。
| 食べること | comments(2) |

トマト、トマト、トマト。
我が家の最近はトマトな日々。
週末ファーマーの夫収穫のトマトが毎週末山ほど届きます。最終的にはトマトソースにして冷凍庫へ、、、と思いつつもできるだけこの旬の間に採れたてをいただきたいと、手を替え品を替えトマト料理が並びます。

イタリアンにはトマト必須。好物のハード系のパンは、ドライフルーツとくるみとチーズ入り、最高!です。


週末のランチも多国籍トマトメニュー。夏の定番の冷たいおうどん、トマトの中華風卵とじ、トマトとはまちのカルパッチョ、ミニトマトとベーコンのチーズ焼き。


私にとって王道の組み合わせ、アボガドとトマトとサーモンのカルパッチョ。トマト入り水餃子のスープも酸味がきいて美味。


元来トマト好きなので、年間を通して朝食にはトマト&豆乳ジュースを飲みますが、この時期は封印。フレッシュトマトで十分過ぎるトマトの摂取量なので(笑)。旬のお野菜はお野菜そのものにパワーがあり、加工はいたってシンプルで十分美味しくいただけます。お花同様、植物のチカラにはいつもほんとに圧倒されます。私のリクエストで育ててもらっているズッキーニは残念ながら受粉できなかったようで、いまだ収穫できず残念ですが、そろそろゴーヤも収穫されるということで楽しみです。酷暑でお野菜高騰の中、たくさんの旬のお野菜をいただけることは最高の贅沢です。ありがとう。
| 食べること | comments(2) |

トマトの最盛期
週末ファーマーの夫が育てるトマトが最盛期を迎えました。
夏の強い日差しにも負けない眩しいほどにつややかな美しい赤色です。
3月のまだ寒い時期にマンションの室内でポットに一粒一粒種を蒔き、仕事から戻って夜な夜なお水をあげて大切に育てた小さな苗。5月に畑に植え替え、根が付かないかもと心配し苗から購入したものも追加で植え、ますます増えていきました(笑)。
そんな風に愛情込めて育てている夫の姿を知っているだけに、収穫されたトマトの味は一層美味しく感じられます。和食、洋食、中華と、何にでもなるトマトは、姿を変えて毎日食卓に上ります。

家庭菜園の収穫量をはるかに超えています、、、トマト好きの子供のいる友人達にたくさんおすそわけ。


週末恒例の義父を招いての宴会は、トマトキムチ鍋。

トマトの酸味と甘みとキムチの辛さがバランス良く、食欲増進。暑さを吹き飛ばしてくれます。
| 食べること | comments(2) |

お家中華
食べることが好きな私ですが、中華料理は特に大好きです。
亡くなった義母が台湾出身だったこともあり、夫にとっては身近な食べ物ですし、台湾に旅行する機会も多いので、麺文化の発達する台湾から色々な形の乾麺や春雨や、もちろん調味料も大量に買ってきて使っています。お家中華ではありますが、けっこう本場の匂いが漂いスパイシーで食欲の落ちるこの時期でも食欲をそそります。
餃子はホットプレートに50個を一度に焼きますが、包むのと焼くのは夫担当。
初めのころは上手に包めなかったけれど、今ではプロ顔負け。ホットプレートに美しく並びます。そして何より、焼くのが上手い!最近では天使の羽根までできて、焼き色といい、カリカリ加減とふっくら加減の絶妙な焼きあがりです。



冬の餃子は週末ファーマーの夫収穫の白菜を使いますが、この時期は買ってきたもの。
でも、それ以外のお野菜は今日もやっぱり夫収穫。マーボー茄子に、トマトと玉ねぎと大葉の冷しゃぶサラダ。はまちのお刺身には採れたての大葉を添えて。写真には写ってないけれど、台湾の春雨と調味料を使った野菜たっぷりの春雨炒め。さすがにこの量を二人で食べてはいません!
週末恒例の義父を招いての宴会です。最近では実家の両親も参加で5人前です。
| 食べること | comments(2) |










New Entries
Category
Archives
Recent Comments