ともにアートギャラリー Open!!
細々とお花の活動を続けていく中で、他に細々と続けていることがあります。
きっかけは、やっぱりお花。15年ほど前のまだここまでデジタルな社会ではなかった頃、友人達のウェディングブーケを作らせてもらう機会が少しずつでてきた頃、手元に残らない作品達をなんとか残す方法はないかと思って、思いついたのがホームページ。見よう見まねで色々調べつつ自分で自分のホームページを作ってみたことがきっかけで、「WEB制作e-poq」という屋号で細々とホームページの制作をさせていただいています。

今回、妹が関わらせていただいたプロジェクトで、札幌の「ともにアートギャラリー」がオープンしました。
知的障がいのある人たちが通う社会福祉法人「ともに福祉会」(札幌市西区)で2002年から続く創作の時間に生み出された4000点を超える作品群から約50点が順次展示されるギャラリーで、ギャラリーショップも併設されています。「ともにアート」の商品は、チャリティーではなく、「可愛いから」「使いたいから」欲しい!と、思ってもらえるよう、商品全体のデザイン性と品質を追求し、「ともに」の仲間が描いた絵の魅力を伝える商品になっていて、「ぜひ使いたい」というシンプルな理由で購入してもらう結果、一人ひとりの自立した生活が成り立つビジネスモデルを目指しています。



心躍る、癒される空間になっているギャラリーショップは、その商品の素晴らしさや「ともにアート」の世界観が表われていますが、そのディスプレイのための備品、家具や雑貨や植物にいたるまで、妹の部屋にあった私物がお嫁入りしています。理事長さんはじめ、スタッフの方の理解や協力のおかげで、妹の想いや感性を自由に発揮させていただける環境を提供していただき、今回オープンに至ったことは姉として、感謝の念に尽きません。そして、思いつきに過ぎない程度の最初のイメージを形にしてオープンにこぎつけた妹の行動力を、姉として誇りに思います。
微力ながら私も、その「ともにアートギャラリー」のWEBサイトをボランティアで制作させていただきました。様々な方の善意で成り立っているこのプロジェクトに妹を通して関わらせていただけたこと、心から嬉しく思います。
| 日々のこと | comments(0) |

Comment

















New Entries
Category
Archives
Recent Comments