ドライフラワーのリース
いただいたおかきの、円を描いた和のテイストの上品なパッケージの裏に、「一点文(いってんもん)という文様には すべての物事の出発点であり 点から線へ 線から面へ さらには立体へと広がり頂点を極める という意味があり 富貴反映 立身出世などの象徴となっています」との記述が。
リースの由来として、はじめも終わりもない丸い輪は「永遠」を表すと言われていますが、日本的な一点文という文様にもリースの由来と通じる、日本的な意味合いがあったと知り、こういう気持ちも込めてリースを作らせていただこう、と改めて思いました。



各分野の作家さんの手仕事の品々を一冊に詰め込んだギフトカタログを制作販売されているシロツメ社さん。素敵なご縁に恵まれ、このギフトカタログ「贈りもの帖」にflower epoqueとして参加させていただいています。

素敵な作家さん達のたくさんの作品の中からflower epoqueのリースをオーダーしていただきました。東京のシロツメ社さん経由でお届けです。気に入っていただけますように。

| お花のこと | comments(0) |

Comment

















New Entries
Category
Archives
Recent Comments