ノリウツギ
ベランダのノリウツギがもう最終です。初めの頃はまだ小さくライムがかった花房が、次第に白く輝くような色合いに変化し、少しずつの変化を時間をかけて楽しませてもらいました。

少し前のライムから白への変化の頃に撮った一枚。


本来初夏の花のノリウツギなのでさすがにこの猛暑ではもちませんが、切り花では味わえない時間をかけての変化を楽しませてもらえることが、ガーデニングの喜びです。
我が家のバラなどは、つぼみが膨らみ始めると、他のつぼみに栄養がいくように早めに切り、室内で一輪挿しで楽しませてもらいます。そして花が開いて盛りの頃には、ドライにします。その後リースになって再びその存在を輝かせてくれるのです。
この急がない、時間をかけての楽しみ、私の性に合っている気がします。
そして何より心を満たしてくれます。ありがとう。
| お花のこと | comments(2) |

Comment
早速コメントありがと〜
ほんとに可愛いの。自分で育てているお花が咲いた時の可愛さって言葉では言い表せないよ!
いつも応援ありがとうね〜
Posted by: flower epoque |at: 2013/07/19 10:22 PM
かわいいですね♪
また素敵なリースになって、
お嫁に行くんでしょうね?
楽しみです!
Posted by: kinakuru |at: 2013/07/18 8:22 PM

















New Entries
Category
Archives
Recent Comments